本文へスキップ

印西市 家族葬 セレモニー想送館(千葉県印西市 茨城県龍ヶ崎市 水戸市)は、家族葬、お葬式のお話をさせて頂きます。 地域の(龍ヶ崎や印西市)人生の先輩様の家族葬に立ち会えます事、意気を感じて努めさせていただきます。

セレモニー想送館へ家族葬に関する電話での
お問い合わせは
0120-373-053

家族葬に関するメールでのお問い合わせはこちら

お骨、ご位牌の接し方大切なあの方自身です。

宗教上の説明ではなく、お体は失われたといっても、大切な方自身です。という事です。

切に、人として接していただきたいと思います。お葬式後はお骨、ご位牌あるいは霊璽(レイジ)にて接することになります。しっかりとした思いやりをお願いいたします。

お葬式・告別式終了後、忌中払い、精進上げあるいは直会のお振舞の席となります。ご家族様、ご親戚様、組内様方が集い、お食事していただきます。ご苦労振舞とも呼ばれます(本来は、葬儀。告別式終了後ご納骨。そののちご苦労振る舞いである上記の忌中払い、直会などとなるわけですが、昨今は便宜上、振る舞いをいただいてから後、ご納骨を行い、散会という流れが主流になりつつあります。)。

故人様のご遺影、お骨、ご位牌も上に飾られ、ご一緒するわけです。

(このページは特段、このお振舞の席の事をたしなめているわけではございません。説明上ちょっと良く起こることをお書きするものです。)

・・・このお振舞の席上、御家族様も、緊張感漂うお葬式・告別式が終了した、ご親戚との久々の昔話に心もくつろぎ、心の手綱もやや緩みがちなのも私ども、よく理解しております。

その後、お組内が気を聞かせて早めにご退席なさり、ご親戚もだんだんお帰り初めまして、ご当家様と、ご納骨に参加するご親戚様だけになります。その際、帰り支度に忙殺されてしまわれるのか、ここでお骨とご位牌などをお忘れになりがちなのです。

このページは特段たしなめることを目的としておりませんし、こういったことはよくある事、フォローもできますのでまるで問題ではないのです。仕方ない事と心得ております。重要なのはこの後の、皆様にかける一言なのです。

「お骨はなるべく、抱いてあげてくださいね。」ご位牌お骨 天へイメージお骨、ご位牌になっても、大切な方です。100%抱いている事などできません。なるべくでよろしいので、手で抱いて差し上げて頂きたいのです(我々葬儀社の人間が抱いてご移動するよりも、皆様ご家族ご親戚の方がお抱きいただきご移動する方がふさわしいですし、故人様もお喜びです。)。

ですから、お帰りの際にはお忘れなきようにお願いいたします。

車でのご移動が当然でしょうから、座席に置くことも発生してしまうかと思います。100%抱いてくださいとは言いませんから、「なるべく、抱いてあげてください。」とお願い申し上げるわけです。

ご自宅にお飾りの際も、大切にお願いいたします。


ご自宅にお飾りいただく際も、言わずともがな、というところだとは思います。地べたに置いて飾ったりなど失礼なことはせずに、後段飾りや経机を用いて、葬儀社様のアドバイスを受けながらお飾りいただきたいと思います。
イチョウ緑イメージ
昨今は、葬儀、告別式当日にご納骨をするケースが一番多いパターンとなります。これは、ご親戚様がせっかくお集まりになった機会だから、という便宜上のものです。正しいご納骨の日取りは、実は49日を過ぎてからといわれております。ですから、慌ててご当日にご納骨を済ませる必要はございません。

中には、お寂しい、という事で一周忌までお骨とご一緒した、というご当家もいらっしゃいました。

日程は、ご当家様のより良い形でスケジュールいただければよろしいかと思います。

また、ご納骨の際のちょっとしたアドバイスなのですが、多い例として、お骨壺を以てお骨をお休みいただいている方が大多数とお見受けします。当たり前のように感じられるかもしれませんが、東北地方のご納骨をお手伝いする機会があったのですが、ご親戚の中の一人の方が、「お骨は土に返してやるのがいいんだよ。撒いてあげた方がいいんだよ。」という事をご当家様におっしゃっていました。ご納骨のお花

そばに立って聞いていた私は、非常に感心したのを覚えております。

あくまでこれはアドバイスであって、御墓のかろうと内の土の部分に、お骨を撒くことが忍びないと感じるかもしれませんので、お骨壺でお休みいただくか、土にお播きになるかは地域の方の考えを合わせた当家の気持ちにお任せいたします。

・・・お位牌になった、お骨になった故人様。それでも大切な方です。人として大切に接していただくことがよろしいことですので、心を込めたご対応をよろしくお願いいたします。


セレモニー想送館は、お葬式・家族葬について、事前相談、アドバイス、フォロー致します。ご遠慮なさらず、ご相談ください。
お葬式についてお知りになりたい、お話し合いをしたい方は、事前相談をしてください(下記バナーをクリック)。
セレモニー想送館 事前相談
セレモニー想送館事前相談バナー レモニー想送館では、事前相談者を募集しております。あらかじめ決めておけば、心が落ち着くでしょう。事前相談では、これといった契約などありませんので印鑑不要です。メモなどお持ちになればでいいです。完全無料で、あなた様と今後の事をお話しし、まとめるだけです。
自由のもとにお話合いさせて戴きますので意にそぐわなかった場合、お止めになればいいのです。
合成画像
まずは、メールでお問い合わせ・相談をしたい方は、こちらに進んでください→メールでお問い合わせ・ご相談

セレモニー想送館へ電話でのお問い合わせは→0120-373-053
このページの先頭へ

セレモニー想送館について

公営斎場での葬儀セレモニー想送館

営式場利用は、ご家族様にとって、御負担の少ない葬儀施行となります。
時間・体力の負荷軽減、ご予算の軽減などがございます。
葬送館は、公営斎場での葬儀式施工を強くお勧めいたします。

・葬儀式場と火葬場が併設のため
 ご葬儀前の火葬
 ご葬儀後の火葬

どちらの場合も、車・バスなどによる移動がなく、天候などの左右されることなく、時間的にも、ご予算的にも、ご遺族にやさしくなります。

・地域内の住民のための斎場なので、式場使用料、待合室使用料、火葬料金は、低価格の一律料金で使用できます。祭壇も常時備え付け、費用は、式場の使用料に含まれます。

・弊社は、各公営斎場をはじめ、近隣地域公営葬儀での手続き・式場設営運営を真心こめてお手伝いいたします。

・印西斎場(千葉県印西市)
・龍ヶ崎市営斎場(茨城県龍ケ崎市)
・やすらぎ苑(茨城県取手市)
・うしくあみ斎場
 (茨城県牛久市阿見町)
・水戸市斎場(茨城県水戸市)

葬儀社情報

株式会社 セレモニー想送館

〒301-0816
茨城県龍ケ崎市大徳町2711-3
TEL.0297-63-0983
➿.0120-373-053
FAX.0297-63-0983
sou-sou1@souen1.com
→ショップ案内