⇒⇒080−4673−4114

今日の貴方は如何お過ごしでしょう?その胸の内このサイトで解決できますでしょうか?

しみは、突然訪れるものです。死別もまた、皆経験しなければならない事です。こんな事を聞いたことがあります。人は時を置けば、必ず滅する。また、人が生まれ出でて、たった一つだけ分かっている真実とは何か?・・・それは、いづれ死ぬるという事です。悲しい事ですが、私とて例外ではありません。

 貴方の、今の悲しみと不安を私と一緒に乗り越えて、来たる時に備えましょう。故人様の御冥福を御一緒にお祈りすることや、得心のいく、お旅立ちとお別れを御一緒にできますよう準備いたしましょう。今は、ご家族の回復のために一心に努めてください。もしも、のときは当方に連絡いただければ、すぐに駆けつけ、ご協力差し上げます。→ п@080−4673−4114

また、ご自身のお葬式について考えている方、非常にご家族思いの方だと思います。このホームページ内に必要だと思われる情報がございますので、しっかり読んで頂きご活用いただければ幸いです。

ホームページをゆっくりお読みになって、いずれお会いできれば幸いです。当社は特に慌てず、営業等もしませんので、こちらからは連絡などいたしません。

ホームページのみお読み頂き、有効だと思われる情報をお持ち帰りください。得心行きますまで、何度でもお越しください。  ブックマークをお忘れなく。 〜田邊 勇〜

「見えない、わからないお葬式の事。」今は事前準備・事前相談がお勧めです。

葬式についての予備知識はありますか?
お葬式。いざ、というときに、バタバタしてしまうのが通常であり、言いなりでうなずきがちなのが多くの状態。お葬式が終わってから、やり残したことに思い当たったり、こうすればよかったのに、と傍の方に言われて、そうだったの・・・そうすればよかった、という事も。

かといって、通例、お葬式とは、あわただしく、冷静に判断ができにくいものです。また、ほとんどの人がお葬式についてわからないことばかりで当然なのです。もし、前もってお葬式について検討または勉強することができたら、心の安心はもとよりどれほど納得できるお葬式が行え、さらには経済的な不安も解消されるでしょう。

だからこそ、事前準備、事前相談をお勧めいたします。

(尚、もう葬儀社を決めている方、不安を抱えつつ、急に内容を決めて損をしてもよろしいという方は、これ以降はそれに反する内容となり、お読みいただいてもお時間の無駄と思います。遺憾ですがこちらまででよろしいかと存じます。)

人様を思い、しっかりとした良き別れをし、故人様(貴方様)らしいお式を構築したい、経済的不安や損益を極力抑えたいと願う方は、次ページへ進み、内容をご覧ください。真剣にお葬式のこと、人生のエンディングのこと、当社と一緒にを考える方のみでお願いいたします。

>>詳しくはこちらをご覧ください

水戸葬苑は、故人様の思い出や、主張を大切にしております。

大のメリットであり、他社と同様のご予算ながら、故人様を、喪主、葬家の方々を誇らしく、華々しく、お葬式、告別式次第を行うようにすることができます。故人様の思い出や実績、趣味など、会葬者の方に見ていただこうと、しっかり飾らせていただいております。会葬者中には、懐かしさなのか、落涙される方も少なくありません。今のところ数少ない「思い出を大切にし、誇らしさと華々しさを式場にて演出できる。」葬儀社です。(かと言って高価でもありません。) 

>>詳しくはこちらをご覧ください


家族葬とは、友人、知人、一般の方を極力お呼び立てせず、ごく近しい御家族、御親戚のみで行うお葬式の事を言います。参列者数が少なく、お葬式費用の金額移動も、少なくなります。
 儀式としての流れは、一般の葬送儀礼と同一ですが、儀式全体の規模は小さく、時間は短くなります。家族葬のメリット、留意点(デメリットもあります。)。密葬との違いはこちらからどうぞ。

>>詳しくはこちらをご覧ください


 ■諸事情・訳ありの方・・・
 人に言えない事情を抱えながら、お葬式をしなければいけない、こういうケースを抱え、お悩みの方、当社はあらゆるケースバイに対応しております。ひっそりと公表せず、身内で送らねば、金銭問題が・・など。「貴方だけが特別ではありません。」多くの方が同じ悩みを抱え、解決して参りました。また、福祉から生活保護を受けていらっしゃる方も、福祉葬という解決の道がちゃんとあります。メールなどで、あなたと私、二人きりでお話ししましょう。秘匿厳守は当然です。

 >>詳しくはこちらをご覧ください


二のメリットは、故人様の安らかなる姿を保つための、”お身体の処置”
御身体は、お時間とともに変化をしていくものです。見た目、臭いなど、ご葬家様、故人様にありましては、会葬者に対して大変お気がかりになるものです。しかし、御身体の処置を施せば、変化を極力抑えることができ、無臭状態でお保ちすることができます。大切な故人様の尊厳をお守りし、御葬家様も安心して、心痛ませる事もありません。今のところ、他社にあまりなく、個人様、御葬家様への、当水戸葬苑から最大の”配慮サービス”でもあります。
>>詳しくはこちらをご覧ください
>>ライセンスコードお申し込みフォームはこちら

数少なく、希少な存在”納棺師”

画、”おくりびと”で、昨今クローズアップされている納棺師。お身体を清浄に保ち(処置とケア)、御顔立ち、髪など整え、女性なら化粧など施し、導師(僧侶)様が導く先の”浄土”への旅装束をお着せし、美しい状態で御納棺、御出棺(御旅立ち)のお手伝いをさせていただきます。その式を進行させていただいております。当方も、映画上となんら変わりはありません。

上でのお姿は、悲しいかなここが最後となり、御出棺後は荼毘に臥されます(火葬)。ですから、当方では、この場面を非常に重要とさせていただいております。御葬家様中心で、旅支度や、お持ちになってもらいたい物(遺品、手紙など)を故人様へ添える儀式などさせていただくように致します。しっかりと、故人様の浄土への旅路を成功するように、祈りながら、お手伝いさせていただいております。

た、先にも述べたように、故人様に直接、手をお掛けになってのお世話ができる最後の場でもありますから、喪主様、御葬家様には、故人様との最後のお別れのお時間、場面を御作りいたします。式然、としてではなく、ここは、心をこめて、最後に本音に近き思いを込めることができますでしょう。

れに際して、「しっかりと自分の思いが伝えられた。」「今まで掛けられなかった言葉が掛けられた・・・。ちょっと照れながら。」「触れることなど普段なかったが、この際、(納棺師に)勧められるままに触れることができた・・・。ちょっと照れながら。」あなたはきっと、”よかった!”と安堵するし、いつまでも故人様を忘れないでいることでしょう。

当社のご納棺の儀式、お別れの儀式は他社にほとんど見られないものです。時間はあまりとりませんが、しっかりとした儀式としておこなわれます。

>>詳しくはこちらをご覧ください

知っておくといいことも?”仏の世界”

迦如来、阿弥陀如来、大日如来、薬師如来。普賢、文殊、弥勒、観音などの菩薩。仏の存在は数あるが、いったい、あなたの”行く”とされる浄土(天国ともいわれる)とは?あなたのよく知る御寺では、導師が、どの仏に祈願し、どの浄土に導くとされているのか。極楽浄土のほかにも、霊山(リョウゼン)、浄瑠璃、華厳、補陀落(フダラク)、兜卒(トソツ)などの浄土も。あなたの気になるあの人は、どの浄土へ旅立った(導かれた:回向された)とされるのか?
知っておくといいことがあるかもしれません。

メインメニュー

サブメニュー